2013年築のモダンヴィラ

投稿日| 2019年6月19日

ハワイの物件に限らず日本でも同じことが言えますが、オーナーが変わっても、建物を取り壊してその土地に新たに物件を建てることはあまりなく、リフォームされて使い続けられることが多いと思います。特にアメリカでは家具付きで物件が中古市場に出回ることが多いので、一層そうした面が強いと思います。

そうした状況の中、新築の物件がバケーションレンタルに出ることは非常に稀だと言えますが、今回紹介する「セント・オブ・ワイキキ」は、2013年に建てられたピカピカのヴィラで、最新鋭の設備が自慢の一軒です。

初めてこの物件を見た時の印象は、とにかく室内が整然かつスタイリッシュにレイアウトされていることに「かっこいいな」と感じました。
よくあるハワイアンな家では、「あぁ、こういう雰囲気いいなぁ」と感じることが多く、また豪華な邸宅では、「おぉ、すごいなぁ」とただ驚くのですが、この物件は「オシャレだなー」と思った記憶があります。

立地はカピオラニ公園のすぐ脇に位置し、とても閑静な住宅街の一画にあります。ダイヤモンドヘッドのなだらかな麓に建っているので、公園やワイキキの方へはやや見下ろすように道を下っていきます。
周辺にはテニスコートもあり、豪邸も建ち並び、かなりハイソなエリアの雰囲気に満ちています。

夕日に色づくダイヤモンドヘッドを背景に、美しい時間が訪れます。
車の行き来も少ないので、邸宅内でも静かな時間を過ごせるでしょう。

建物は3階建てですが、入り口は2階部分。メインフロアには、スーパーモダンなアイランドキッチンと大きなダイニングテーブル、リビングスペースに加えて書斎もあります。
キッチンの広さはちょっとビックリのサイズです。何人いても困らない広さですね。

2階の屋外には、 ジャグジー付きプール が目の前に。 高いところからのプールは景色が良く、より開放的な気分にさせてくれます。ワイキキのビル群を前方に捉えて、優雅なリラックスタイムを過ごしてください。こうして見るワイキキの風景も壮観です。日が落ちた後は、街の明かりがまたいいムードを演出してくれるでしょうね。
BBQを楽しめる屋根付きアウトドアダイニングスペースで、スカイスクレーパーを眺めながらのダイニングをぜひ。

5ベッドルームの寝室は、全てが専有のバスルーム付き。徹底したプライバシーを重視した間取りです。2階に2部屋、3階には2部屋の寝室があり、1階にもガレージスペースと寝室が1部屋あります。
3階にはいずれもガラスドアの広いラナイがあり、目覚めと共に前方に街の風景を、後方にダイヤモンドヘッドを望む事ができます。

こちらは3階の寝室2部屋と専有バスルーム。どちらもキングサイズベッドにバスタブ付きです。

2階の寝室2部屋は、クイーンサイズベッドです。

1階のベッドタイプはキングサイズベッドです。

まさに妥協がない、モダンでハイエンドなヴィラ。いかがでしたか。

ワイキキビーチやショッピングエリアが徒歩圏内という好立地で、カピオラニ公園を抜けたビーチ沿いには、ハウツリー・ラナイやミッシェルズといった有名レストランにおしゃれなビーチサイドカフェが並んでいます。
喧騒を離れて滞在しながらも、そのアクセスの良さでON/OFFのメリットを最大限に感じられるヴィラです。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です