パノラマの景色が美しい、丘の上のファミリーハウス

投稿日| 2019年10月4日

ワイキキから東へ車を走らせ、ハワイカイの街並みをさらに進み、ポートロックの閑静な住宅街に入ると、視界には大きくココヘッドが飛び込んできます。
ココヘッドの斜面には、豪華な住宅やいかにも別荘らしい邸宅が建ち、この「オーシャン・テラス」も、そんなハイクラスの家々が点在する丘の中腹に建つ、オーシャンビューの一軒です。

丘の中腹に構える別荘

広々とした2階建てファミリースタイルの別荘で、プライベートプールもあります。とにかく静かなエリアなので、観光というよりは本当に暮らしている感覚で滞在することができるでしょう。

リビングやダイニング、寝室からも家のほぼすべての部屋からマウナルア湾を一望できますが、特に4つもあるテラスやプールサイドからの景色は絶景です。
心地よい風を感じながら、マウナルア湾とハワイカイの街並みを眺めていると、 ハワイでの「別荘生活だなあ」と実感できるはずです。

マウナルア湾とハワイカイの街
ハワイカイの街
テラスからプールとオーシャンビュー、街並みを一望
夕暮れ時には遠くダイヤモンドヘッドに沈む夕日が

建物は3ベッドルームに寝室としても使える書斎付きで、10人まで滞在することができます。十分なスペースも確保でき快適に過ごせます。
アクティビティやショッピングに出かけた後は、プールでクールダウンしたり。ステーキやハンバーガー、ハワイの食材をBBQで楽しむのもオススメです。

1階にはDVDや動画配信サービスも視聴できるテレビを備えたリビングルームに、隣の書斎には洋書も幾つか。プールサイドやテラスで、ちょっと読書に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。書斎にはダブルサイズのフトンベッド(写真のタイプ)があり、人数が多くてベッドが足りない!というときに活躍します。

1階書斎のダブルフトンベッド
オーシャンビューのリビングルーム
ハワイカイの街並みも一望
読書をしたり、トランプやUNOをしたり

その他1階には、広いキッチン、テラス付きのダイニングルームがあり、多くの時間をここでおしゃべりしたり、ココクレーターとダイヤモンドヘッドの夕日と日の出を眺めながら過ごしたりすることになるでしょう。
外のテラスも広くて、視界も開けて気持ちよさそうですね。

景色が抜群のダイニングルーム
風が心地よい、テラスのアウトドアダイニング
キッチンは設備も充実

2階にはすべて寝室と書斎のフロア。マスターベッドルームには、バスタブ付きのバスルームを備えています。
朝の目覚めと共に海と山の景色も。エアコンは建物全体の中でこのマスターベッドルームだけにあります。

その他の部屋はシーリングファンと、窓を開ければ貿易風が一晩中涼しい風を吹きこんでくれます。

広々としたマスターベッドルーム
マスターベッドルームのバスルーム

クイーンサイズベッドのある2部屋の寝室は、手前の書斎を通り必要があります。書斎はソファやテレビもあるのでセカンドリビングルームとして、またツインベッドがあるので4番目のベッドルームとしても利用できます。また、バスルームは寝室2部屋と書斎で共有となっています。

寝室2部屋へは書斎を通らなくてはならないので、気遣いのいらない家族向けのレイアウトですね。もちろん、書斎をベッドルームとしてではなく、リビングルームとして使用すれば間取りの問題は解消されると思います。ですので、オーナさんも4ベッドルームとしてではなく、3ベッドルームとして紹介しています。

書斎のテレビ、ソファベッド
書斎のツインベッド
クイーンベッド
クイーンベッド

周辺には、ココヘッド・トレイルやシュノーケリング・スポットのハナウマ湾、ローカルのボディボーダーに人気のサンディビーチ、穴場的ビーチのマカプウ・ビーチなどがあります。ビーチ三昧の日々を楽しんでください。
近くには泳ぐことはできませんが、散歩ができる小さいビーチもあります。

レストランやスーパー、ドラッグストアが集まるココマリーナ・センター、ハワイカイ・タウンセンターの2つのショッピングセンターも車で数分と利便性も抜群です。ハーバーサイドのレストランで、ランチやディナーもぜひ体験してみてください。ワイキキとは違ったロコの雰囲気を味わえるでしょう。

ポートロックのビーチ

ワイキキへはハイウェイで約20分。ワイキキでの観光やショッピングにも便利です。
オアフ島のベッドタウン、ポートロックでの滞在もぜひ検討してみてください。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です